中国茶 * 雛の節句

c0145780_16594538.jpg

          中国茶のお稽古で「雛の節句」を楽しみました♪
          雛の節句とは 4世紀の中国で王羲之(書家)が巳の日に川でお祓いをし
          杯を交わして宴をしたのが始まり・・・
          「曲水の宴」と言われ 奈良時代に日本に伝わり庭園に小川を作り杯を流し
          自分に回ってくる間に歌を詠んだのだそうです。
          平安時代には いっそう雅びになり ひな祭りへと発展していったようです。
          三月の最初の巳の日に行われたので「上巳(じょうし)の節句」ともよばれました。
          旧暦ですので おそらく今の4月の始め頃。。。
          春爛漫 花の盛りの雅びな宴。。。想像するだけで美しいですね〜〜

          お稽古では小川は作れませんので 小川に杯が流れるように
          お茶の香りがゆっくり漂う典雅なひとときを楽しませて頂きました♪




c0145780_10374771.jpg

                お茶請けは ひなあられ、ひなだんご、
                先生が池上本門寺で買ってきて下さった"あんみつ"でした♪

c0145780_10392436.jpg

                女子環というお茶・・・楊貴妃の指輪とも言われ高価なお茶です。
                お味も香りも上品でふくよかでした♪
                ところで 楊貴妃の指ってこんなに細いの〜〜〜〜?

c0145780_10421184.jpg

                メイクイ雲緑茶・・・バラの香りのお茶です♪

c0145780_10431667.jpg

                花茶・・・千日紅のお茶
                まんまるなお茶に熱いお湯を注ぐとカップの中で茶葉が広がり
                中から小さな花(多分これはジャスミン)がピョロリと出てきます♪
                茶葉が広がる時間 実際は僅かな時間なのに
                なぜか悠々と時が流れるのです。
                お茶の香りの中で感じるゆったりとした時の流れに癒されます♪

c0145780_1047484.jpg

                千日紅のお茶は 味わいのある骨董の器で頂きました♪
by jasmin_photo | 2008-02-23 17:52 | Chinese tea | Comments(12)
Commented by gray-usagi at 2008-02-23 20:02
こんにちは♪
どのお写真もお茶の香りが漂ってくるようですね~
中国茶でバラの香りがするなんて。。。写真を拝見しながら私も楽しんじゃいました。(想像ですが・笑)

現実は・・・長野で買ってきた蕎麦茶をすすってます。(^^;
Commented by jasmin_photo at 2008-02-24 10:09
>gray-usagiさん

コメントありがとう〜♪
実際のお茶をご馳走できず 写真だけでごめんなさ〜い(^^;
ちょびっとだけでも雰囲気を味わって頂ければ嬉しいです!!!

メイクイはバラ科のハマナスの花で
バラの良い香りがするんですよ。
中国緑茶にメイクイを乾燥させたものを混ぜて お茶に香りを移してあるんです。

中国や台湾では 日頃はこういうお茶を飲んでいるわけでもなく
買い求め易いお茶の葉を マイカップ又はマイポットに入れ
そこに一日中お湯を注ぎ足しながら飲んでいるみたいですよ。
なにしろ中国茶って何煎も出るんですよ〜
すぐ出がらしになっちゃったりしないので経済的!!!

長野の蕎麦茶 香ばしくて美味しそう。
その土地に合ったお茶とか食べ物ってありますよね。
gray-usagiさん 温かい蕎麦茶を飲みながら長野の白鳥を思い出しているんだろうな〜〜〜って想像します(^^)

Commented by miu at 2008-02-24 13:37 x
こんにちは~
中国茶って奥が深いんですね・・・
みた事ないお茶ばかり・・女児環ってお茶も珍しいですね。
お茶でこんな形しているなんて、、、ネットで調べてみましたがほんとに高価なんですね。驚きました~~
カップに注ぐと、中からお花が出てくるのは中華料理を頂いたときに
飲んだことなりますが、優雅な気持ちになりますね♪

jasminさん、中国茶のお稽古良いですね♪
Commented by jasmin_photo at 2008-02-24 20:39
>miuさん

コメントありがとう〜
中国茶 習い始めた時は ただ中国茶ってどうやって煎れたら美味しいのかな〜っていう単純な動機だったんですが
お勉強していくうちに 中国のお茶が世界の歴史にどれだけ影響してきたかが分かってきておもしろくなってきました(^^)

良いお茶はホントに高くて。。。
先生が台湾で買ってきて下さるので美味しく飲ませて頂いています。

ゆったりとお茶を楽しむ時間に写真パシャパシャ撮るのも
他の方に申し訳なくて気がひけますが
お茶の葉ひとつにしても綺麗だし器も素敵だし
やっぱり撮りたくて〜〜
周りの方のご迷惑にならないように(もうなってると思うけど・・・)
自分の席から動かずに撮ってます・笑
Commented by かもねぎ at 2008-02-25 02:27 x
お茶の世界も奥が深いんですね。
私はこういうのには本当に疎いですが、それでも美味しいお茶は頂くと「おぉぉ!」となります^^;
お茶に節句があって、それが雛祭りになっていったなんて、何だか面白いですね。
花茶、見て良し・撮って良し・飲んで良し。
三拍子揃っていて興味津々です^^;
Commented by jasmin_photo at 2008-02-25 10:35
>かもねぎさん

コメントありがとうございます♪
私たちの心を和ませてくれる何気ない一杯のお茶・・・
その奥に脈々と歴史があって文化の流れがあって
お茶の香りと一緒にロマンを感じさせてもらえます(^^)

お茶も器も綺麗なので お茶の香りでホニャ〜ンとしながらも
ついついカメラ魂(なんだ?それ・・・)が突き動かされてしまうのです〜〜〜(^^ゞ
Commented by チューリップ at 2008-02-26 12:35 x
またまた和みますね♪昔の人のほうが、ゆとりの時間を作るのが上手だったんでしょうね。今は、現実的に今の生活に合ったお茶の時間を作りたいですね。毎日持続するようなお茶タイムを望んでしまいますが、自らそうゆう時間を作ることが大切なんでしょうね。写真のようなグッツが揃えば無理にでもお茶タイムを作りたくなりますね☆

Commented by jasmin_photo at 2008-02-26 22:36
>チューリップさん

コメントありがとうございます♪
ほんと 現代人は時間の感じ方がせせこましくなっていますね。
「象の時間、ねずみの時間」って知ってます?
同じ時間でもゆっくり過ごす象とせかせか動くねずみでは
体内で流れる時間が違うのだそうです。。。

無邪気に過ごした子ども時代より あれこれしなくちゃならない大人になってからの方が
一日が短くないですか?

たまには 違う時間の流れ方を過ごすのも良いですよ(^^)v
Commented by hiroen54 at 2008-02-27 07:46
jasmin_photo さん
おはようございます。
渋谷道玄坂の中国茶のお店に行ったことを思い出しました。
女児環というお茶お湯を入れたときを想像しまがら和みました。
Commented by jasmin_photo at 2008-02-27 21:39
>hiroenさん

コメントありがとうございます!

渋谷のお店行かれたんですか?
私はよくそのお店からネットでお茶を購入します♪
美味しい質の良いお茶は すぐに売り切れてしまいます(^^;
みなさん情報が早いな〜と いつもビックリです!!!


Commented by 一休み at 2008-03-04 22:59 x
雛の節句って中国伝来なのですね。(驚) 平安時代の喜びとして・・・ですか! 3色の餅やあられ、人形などまさに平安時代のお着物や彩。気づかなかったです 笑。  中国茶でお節句なんて素敵でしたね。
Commented by jasmin_photo at 2008-03-05 11:01
>一休みさん

そうなんですよ〜
日本の節句や十五夜、七夕など・・・元々中国から伝わったもので
日本では最初宮中で行われていたものが庶民に広がってきたようですよ。
日本に伝わって 奈良、平安の時代に雅びになってきたものが多いようですね♪
その時代には他に娯楽もなかったでしょうから
四季の花などを愛でながら美しく着飾って折々の季節の行事を
楽しんだのでしょう〜
<< 神代植物公園にて。。。ゼミ実習 フラワーケーキ >>